アニメーション動画とは?制作のメリットと効果的な活用方法を解説!

時計のアイコン画像
リロードのアイコン画像

アニメーション動画とは?制作のメリットと効果的な活用方法を解説!

アニメーション動画の導入を検討している方へ、メリットや活用事例、さらには映像の種類や費用相場まで、詳しく解説しています。予算が心配な人にはコスト削減のコツもご紹介。アニメーション動画でサービスの魅力を最大限に引き出してみませんか!

\ 企画・シナリオ構成から一貫してお任せ /

アニメーション制作のご相談はこちら

目次

アニメーション動画とは?

アニメーション動画は、文字やイラストに生命を吹き込んだ魅力的な映像です。編集ソフトウェアを使って作られ、静止画を連続的に変化させることで生み出されます。テレビや映画だけでなく、インターネット上でもよく見かけますよね。

例えば、みなさんがカエルの絵を20枚描いたとします。最初の絵ではカエルが地面にいて、2番目の絵では足を踏み出し、3番目の絵ではジャンプして、4番目の絵では空中にいます。

これを20枚の絵を使用して描き、それぞれの絵を速く順番に見せると、カエルがジャンプしているように見えると思います。これがアニメーション動画の仕組みです。

先ほどの例えはシンプルですが、本格的に発展させるとこのようなアニメーション動画ができます。

アニメーション動画を利用する目的や効果的な活用方法

企業ではアニメーション動画をどのような目的で利用し、どういった効果を期待して活用しているのか、それぞれ解説していきます。

商品広告動画

商品広告動画とは、商品のベネフィットを訴求し、ターゲット層にアプローチする動画広告です。15秒〜30秒程度の長さで1〜3つ程度商材の強みを伝えられます。

特にWebCMの場合、冒頭にインパクトを持たせることでスキップを防ぎ視聴離脱させないことが重要です。

また、冒頭に商品名のアナウンスやサウンドロゴを使用することで、スキップされたとしても印象に残すことができます。

M2層の心の声を力強く歌う商品広告。ターゲット層に対しスキップさせないために興味をひくテーマで訴求します。

サービス紹介動画

無形サービスの紹介はアニメーション動画との相性が良いです。文章では伝えきれないイメージを絵とモーションで分かりやすく伝えることができます。

SaaSやDX系など内容を顧客に伝えることが難しいサービスにも効果的です。

視覚的にわかりやすいアニメーション表現で順序だててサービス内容を伝えます。

ちなみに弊社(粕田屋)では構成やデザインまでまるっとお任せいただけますので、サービス内容をどう伝えればわかりやすいかを細かくご提案させていただいています。

ブランディング動画

ブランディングにアニメーション動画を使う企業も増えてます。

周年記念や取引先を招待した祝賀会などイベントで放映されたり、SNSで公開し、ブランドイメージを顧客に認知してもらうなど用途は様々です。

企業のカラーや価値を伝える上で様々な世界観を演出できるアニメーションは効果的な表現手法と言えます。

このように企業のカラーに合ったトンマナで、魅力的なアニメーションコンテンツを制作することが重要です。

採用動画

企業の雰囲気を伝えたり、求める人材をアピールする手段として実写撮影に代わりアニメーションを採用する企業が増えています。

実写だと撮影許可や社員の顔出しが難しい場合でも、アニメーションならその問題を解決できます。

上記は応募者を主人公としたストーリーをセル画調でエモく演出しました。企業ブランディングにもなる動画コンテンツです。

こちらはコミカルな掛け合いの中で企業の業績や欲しい人材像が伝わるよう構成しました。SNSでの運用も見越し、企業の事を知ってもらうきっかけとなる楽しいコンテンツとなるよう意識して制作しています。

アニメーション動画は情報をわかりやすく伝える手法として最適で、数多ある企業の多彩なニーズに応える素晴らしいツールだと思います。

アニメーション動画を活用することで、いろいろな場面でビジネスを手助けでき、企業の成長に繋がる架け橋になるかもしれません。

アニメーション動画を使うメリット

アニメーション動画を利用するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれ解説していきます。

視聴者にわかりやすく伝えられる

動画の持つすぐれた情報伝達能力には、科学的な裏付けもあります。

Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士による研究では、1分間の動画から伝わる情報量が文字に換算すると約180万語に相当し、一般的なWebページの約3,600ページ分に相当するという結果が示されました。

もっとわかりやすくいうなら、文字と比較した場合、画像は7倍、動画はなんと5,000倍もの情報を伝えることができると言われています。

この結果は、動画の情報伝達能力が非常に高いことを示しています。

テイスト・表現が幅広い

実写だと表現が難しかったり、予算が膨大にかかるような演出も、アニメーションなら比較的容易に制作できます。

ターゲットに合わせてイラストのスタイルや世界観を変えられるので、興味を喚起しやすい特性があります。

魅力的なキャラクターを作れる

既存のキャラクターやマスコットを動かすこともできますし、新たにオリジナルキャラクターを作ることもできます。

魅力的なキャラクターは視聴者の印象に残りやすくポジティブな印象を与えます。

修正がしやすい

修正がききにくい実写撮影と比べ、アニメーションは修正の対応が容易です。

色の変更や動きの修正、セリフの書き換えなど実写では撮り直しとなり多大な労力とコストがかかる修正も編集可能です。

コストが抑えられる

撮影機材やロケーション費用、キャスティング費用がかからない分、コストを抑えたコンテンツ制作が可能です。

また、タレントの不祥事によるイメージの毀損・動画改修コストもかかりません。

コストを抑えられる分、訴求内容やターゲットを変えた複数動画を制作し、テストするなどマーケティング戦略も組みやすいです。

アニメーションの種類は幅広い!表現方法の違いを解説

アニメーションの種類は幅広く、それぞれ特徴や表現方法が違います。どういった種類のアニメーションがあるのか、いくつか代表的なものをご紹介していきます。

スライド(紙芝居)アニメーション

1枚絵をスライドして紙芝居のように見せる手法のアニメーションです。

複雑な動きはできませんが、その分描きこまれた絵を使用できるのでリッチなビジュアル表現が可能です

漫画動画

漫画を動画化したコンテンツです。

漫画絵を切り分けてセリフに合わせて出現させるなど、ストーリーに合わせて演出できます。

パンフレットや冊子用に制作した漫画コンテンツを動画化することも可能です。

2Dアニメーション(カットアウトアニメーション)

イラストを使った平面的な動きのアニメーションです。

例えばキャラクターを作る場合、頭や胴体、腕、足など切り分けて描画したパーツを組み合わせることで複雑な動きを演出できます。

2.5Dアニメーション

2Dと3Dの間のような表現のアニメーションです。

平面で描写したイラストパーツを3D空間上で組み合わせて動かします。

3Dほど工数をかけずにリッチなアニメーション表現が可能となります。

3Dアニメーション

3DCGで制作した立体的なアニメーションです。

カメラを自在に動かして視点を変更しアクロバティックな動きを作ったり、実写と見間違うような繊細な画面を作れたりしますが、2D表現と比べ工数がかかり、制作費も高くなります。

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードに手描きで描かれたようなイラストやテキストで構成されたアニメーションです。

アットホームで柔らかな表現ができます。

※他社事例

インフォグラフィックス(モーショングラフィックス)

主に複雑な情報を視覚的に分かりやすく伝えるために用いられるアニメーション手法です。

記号的なイラストやアイコンを使うことが多いです。アイソメトリック(斜め45度あたりから見下ろしたような立体図)を用いた表現も人気です。

グラフや図、表を動かして変化や推移を分かりやすく表現します。

タイポグラフィ(キネティックタイポ)

テキストを主体に動かすアニメーション手法です。

音楽やナレーションに合わせてリズムよく展開することで心地いい視聴体験を演出できます。

文字PVやリリックビデオなど、ミュージックビデオにも使われます。

※他社事例

ストップモーション

静止画を連続で撮影したものをパラパラと再生することで動きを表現する手法。クレイアニメなどによく用いられます。

アニメーションの場合、ノートの端に書いた絵をページを捲ることで躍動させるパラパラ漫画のイメージです。

※他社事例

セルアニメ

動画制作業界では、いわゆる「テレビアニメのような雰囲気のアニメ」という意味合いで使われています。

描きこまれた背景や、1〜2段階程度の影・ハイライトのあるキャラクター描画、キャラクターと背景を馴染ませるハーモニー処理などを加えてリッチ画面を作れます。

アニメコント(ショートアニメ)

キャラクターの会話、掛け合いに重点を置いた漫才のようなアニメーション。

絵自体の動きは少なく、カットも全景・キャラクターのアップのみなどシンプルな構成が多いです。

その分制作工数を下げることも可能ですが、飽きずに視聴されるためにはウィットに富んだ会話内容とテンポの良さがポイントです。

アニメーション動画の料金相場と費用をおさえるコツ

費用相場

アニメーション動画の制作費用は、一本あたりおおよそ50万円から150万円が一般的です。料金はプロジェクトの規模や内容によって異なります。たとえば、シンプルなイラストアニメーションであれば、10万円から30万円で制作することも可能です。

費用の開きがある理由には、「動画の長さ」「アニメーションの種類」「キャラクターデザインと背景」「音楽や効果音の追加」「納期」などが影響するからです。

費用をおさえるコツ

予算をオーバーして困ったときは、以下の方法で費用をおさえることができます。動画の目的や予算にあわせて検討してみてください。

シンプルなスタイルを選ぶ

複雑なアニメーションよりも、シンプルなスタイルを選ぶと費用をおさえられます。

上述したスライドアニメーションや漫画動画、アニメコントは比較的コストを抑えた制作が可能です。

インフォグラフィックス(モーショングラフィックス)はストック素材が揃っているので、それらを活用することでグラフィック制作工数を抑えられます。

構成を練っておく

事前に制作したい動画の構成やナレーションを作成しておくことで制作会社にイメージを伝えやすくなるとともに、コンテ作成の工数を削減できるので費用を抑えられます。

簡単な絵やざっくりとした箇条書きでも良いので用意しておきましょう。

シリーズ化を検討する

キャラクターや背景を使いまわし、内容だけ変えたシリーズものであれば1本あたりの制作費を抑えることができます。

アニメーション動画の制作を依頼した場合の流れ

アニメーション動画を制作会社に依頼した場合はどのような流れで納品されるのでしょうか?

例えば、弊社(粕田屋)へご依頼いただいた場合は以下のようなフローで制作を進めていきます。

【1】お問い合わせ

当サイトの問い合わせフォームよりご連絡ください。担当者が迅速にメールで対応します。

【2】キックオフミーティング

オンラインのビデオチャットで、制作に関する打ち合わせを行います。どんなコンテンツを作りたいか、スケジュールの調整など、細かくお伺いします。

【3】シナリオ・絵コンテ作成

お客様からの情報を元に、緻密な絵コンテやビデオコンテを作成します。展開や情報の把握を確認し、ご要望があればリクエストをいただきながら対応します。

【4】グラフィックイメージ提案

ターゲット視聴者に合わせたデザインやキャラクターを提案。アニメーションの強みを活かし、演出や世界観を調整します。

【5】アニメーション制作

提案されたグラフィックを動かし、魅力的なアニメーションを制作していきます。BGMやSE、ナレーションなども加えて、完成度の高いコンテンツに仕上げます。

【6】納品

ご指定の規格で動画データをお届けします。さらに、動画内で使用したキャラクターのWebサイト利用やグッズ化など、様々な相談もお受けしています。

制作会社にもよりますが基本的には上記のような流れでアニメーションの制作は行われていきますので、参考にしてください。

アニメーション動画の作り方は簡単?自社で制作できる?

現代では非常に便利なアプリやツールが存在しており、そういったものを活用することでなるべく費用を抑えながら自社で高品質なアニメーション動画を制作できるような環境になりつつあります。

自社制作にチャレンジしたいという方に向けて、ビジネスでも活用しやすいアニメーション制作アプリをいくつかご紹介します。

動画のソフト・アプリで自作する

Vyond (旧GoAnimate)

Vyond(ビヨンド)は、ビジネスで使えるアニメーション動画を手軽につくれます。製品の説明やセミナー資料などでアニメーションが大活躍!

Vyondにはたくさんの素材やテンプレートが用意されているので、それらを使って簡単にアニメーションを作れます。

AnimeEffects

Anime Effects(アニメエフェクト)は、日本のアニメ作品でよく見かける「2Dアニメーション」にぴったりのソフトです。イラスト1枚でもカンタンに素敵な動画ができちゃいます。

FlipaClip

FlipaClipは画像や動画を取り込んだり音楽を加えたりできるため、アニメーション作りの幅がぐんと広がります。画面もシンプルでわかりやすく、日本語のチュートリアル動画もあるから安心です。

完成した作品はYouTubeなどのSNSに簡単に投稿できる機能もあって、みんなにシェアするのも簡単です。

Canva

Canvaはデザイン制作未経験者でも豊富なテンプレートを利用することで、シンプルかつ効果的なデザインを制作できるアプリケーションです。

写真編集だけでなく、動画編集の基本的な機能であるカットやトリミングをはじめ、テキストテロップ、BGM音楽、エフェクト、トランジション、倍速・スローモーション、編集した動画の書き出しなどが可能です。

Animation Desk

Animation Deskはアニメーションやストーリーボード作成など、自分のアイデアを形にするのに最適なツールです。プロやアマチュア、アート好きな人たちがよく使うアプリです!

動画や画像に動きをつけたり、PhotoshopのレイヤーやPDFシート、そして大きなサイズのGIFなど、いろいろな形式で出力したりすることもできます。

AIの動画制作ツール

AIが動画を分析して、自動的にカットやトリミングなどの編集をします。たとえば、動画をシーンごとに分けたり、見どころのシーンを自動で抽出したりすることが可能。さらに、カメラがブレたり音声にノイズがあったりするNGシーンもAIが自動で見つけてくれる機能もあるので便利です。

Procreate

Procreateは、高度な描画や画像調整機能を備えたイラスト制作アプリです。たくさんのブラシが用意されているので、水彩画のような手描き風の絵はもちろん、自分でテクスチャなどを作って登録すれば、独自のタッチが簡単に加えられます。

クリエーターに直接依頼する

自作でのハードルが高いと感じた場合は、専門知識を持ったクリエイターにSNSやクラウドソーシングサイトなどで依頼をしてみましょう。

デメリットとしては、個人クリエイターだとスキルはピンキリなので、スキルレベルの低い方へ依頼をした場合は、イメージしていた品質とはほど遠い作品になってしまう可能性があります。

少しでも品質を高めたい場合は、人材レベルが問題ないかをご自身で判断を行う必要が出てきます。

ビジネスでの活用なら制作会社へ依頼するのが良い

品質重視やビジネスでの使用を考えている場合は、制作会社に依頼するのが最も簡単で安心です。

豊富な知識や経験のあるプロの視点からターゲットに刺さる効果的な作品を制作してくれます。

ご自身のイメージが言語化できなくても、しっかりとヒアリングを行うことでイメージしていた内容に沿った提案をしてくれると思います。

特に、全てを全部お任せしたいという方には最適です。

ただ、制作会社によってサービス内容は様々なので、ご自身の要望をしっかりと汲み取ってくれそうな会社なのか事前の見極めが重要になってきます。

大手企業も導入!アニメーション動画の活用例

実際にアニメーション動画を活用している事例を見てみましょう。

こちらで紹介する動画は、すべて弊社(粕田屋)で制作したものです。

①小林製薬

商品広告に使用した例です。

②JCOM株式会社

サービス紹介に使用した例です。

③株式会社パイロットコーポレーション

ブランディングに使用した例です。

④東京海上日動あんしん生命保険会社

サービス紹介に使用した例です。

アニメーション動画制作のよくある質問

アニメーション動画を制作したいがどうしたら良いかわからない

自社での制作を行わない場合、まずは制作会社へご相談いただくことをおすすめします。弊社(粕田屋)ではお客様のご要望を細かくヒアリングし、最適なご提案をさせていただきます!

アニメーション動画の制作期間はどのくらいですか?

通常アニメーション動画の制作から納品までには約1か月半ほどの期間がかかります。ヒアリング、提案、契約、発注などの段階も含めると、おおよそ半月から1か月の時間が必要です。

ただし、プロジェクトの内容によっては期間が変動する場合もありますので、詳細についてはお問い合わせください。スムーズな進行とトラブルの防止のためにも、余裕を持ったスケジュールを考慮することが重要です。

まだ具体的なイメージが決まっていませんが、相談は可能ですか?

具体的なイメージが固まっていない場合でもご相談いただけます。予算や期限、目標が定まっていなくても、お客様のニーズに合わせて最適な解決策を提供いたします。

見積もりや納期に関しても、できる限りお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

アニメーション動画は商品やサービスの魅力を伝えるのに大変便利です。「広告」「ブランディング」「社内研修」などさまざまな場面で活用できます。

高品質を求めるなら、制作会社に依頼して丸投げするのがおすすめです。アニメーション動画を活用して企業のマーケティングを強化し、商品やサービスの魅力をアピールしましょう!

予算に不安がある方は、弊社(粕田屋)のライトプランが最適です!5万円〜のプランになっているため、お試しで依頼したい方や、少ない予算で高品質な動画を制作してほしいという方に最適なプランとなっています!

ライトプラン以外にも本格的なアニメーション動画を求める方向けのベーシックプランやプレミアムプランもあります。全てを丸投げして、大手企業もリピートする高品質なアニメーション動画を作ってほしいという方は、是非そちらも検討をしてみてください!

  • 企業向け

この記事の監修者

粕田辰哉のアイコン画像
株式会社粕田屋代表 粕田辰哉

企画から構成、グラフィック・イラスト制作、アニメーション制作、音楽・アフレコディレクションまでアニメ動画コンテンツ制作を一貫して担当可能なマルチクリエイター。

動画制作チームを組織し、幅広いジャンルのコンテンツ制作をディレクションしている。

Contact

アニメーション動画コンテンツ制作をご検討の方へ

まずはお気軽にご相談ください。

資料請求やお問い合わせはフォームよりご連絡をお願いします。
制作についてのご不明点やご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。